生産地から日本での裏側ストーリー

2017年12月8日僕はエチオピアのカッファという地域にいました。コーヒー生豆を輸入しようとしていたのでした。 当時の僕は、島根県の隠岐の島でゲストハウスKUSUBURU HOUSEを立ち上げ、運営メンバーの一人でした。そんなこともあり、そのKUSUBURU HOUSEでエチオピアのコーヒーをお客さんに提供しようと思っていたのでした。

帰国してからというもの、初めての輸入ということもあり、ドタバタでした。 ・コーヒー生豆の輸送方法・通関業務は自分で出来る?・契約書とは違った到着日・価格設定 今回はそこらへんの話をしたいと思います。

遂に、遂に、遂に到着!待ちに待った、デンカラムのコーヒー生豆! ・麻袋のデザイン・精製方法、違うやないか 今回はこれらの話をしていきます。