8/15より麻袋(50kg)の価格が上がります!

コーヒーが出来るまで

From tree to cup

Our mission

Galitebe(ガルテンビ)はエチオピアの生産者さんの人柄で取引するかどうかを決めて、そこから二人三脚でクオリティを上げていきます。
新しい機械や設備を導入するのではなく、既存の精製方法を今まで以上に本気で行い、クオリティ向上と現地の雇用促進へとつなげます。

商品一覧

毎年10~11月頃
赤い字の部分はGalitebeの特別仕様

Founder image

収穫

コーヒーの森や農園で一つ一つ丁寧に手摘みでコーヒーチェリーを手摘みしていきます。
ガーデンと森で採られたコーヒーチェリーを混ぜると、毎年味が安定しないので、森で採れたチェリーだけを使用します。

計量

農家さんたちが各々収穫したコーヒーチェリーをウォッシングステーションに持ち込みます。
ここで農家さんたちにコーヒーチェリー代が支払われます。
※ハブタムは自分の森から採れたコーヒーを使う為この作業はありません。  

Product image
Founder image

選別

赤い実だけを集めます。
他の実を取り除いていくのではなく、赤い実だけを集めていく作業になります。
そうすることにより、クリーンで雑味のない味になります。

果肉除去機

Washed限定

コーヒーチェリーを水の流れに乗せ、外皮と果肉を取り除きます。
詰まり等を防ぐために常に人が付きます。

Product image
Founder image

水洗

Washed限定

ミューシレージを取り除いた後、水に流し洗浄します。
発酵槽やこの経路を清潔に保たないと菌が繁殖し、入国検査で引っかかります。  

発酵

Washed 限定

発酵槽に入れ、酵素の力でミューシレージを取り除きます。
発酵時間はおよそ72時間です。  

Product image
Founder image

乾燥

アフリカンベッドで乾燥します。
画像はNatural
天候にもよりますが晴れの日が続くと7~10日で乾燥します。  

脱穀

コーヒーチェリーの殻を脱穀していきます。
ここでコーヒー”生豆”の状態になります。

Product image
Founder image

選別

脱穀されたコーヒー生豆の中に混在している異物や欠点豆を取り除いていきます。
通常2回される、この作業をクオリティ向上と現地での雇用機会を増やすために3回行います。  

搬送

カファから首都アディスアベバへ搬送します。
他のコーヒー生豆との混同を避けるためにGalitebeのコーヒー豆のみをトラックに積み込みます。   

Product image
icon image

Traceability

エチオピアのコーヒーの森から全国の自家焙煎コーヒー店に行くまでの全てが透明です。
どこで誰が何をしたかが分かります。
もし、なにか不明な点があればエチオピアにすぐに連絡が取れます。

icon image

Sustainability

エチオピア現地で生産者と直接交渉している為、お互いが納得できる値段で取引しています。
また、毎年取引先を変えるのではなく、長期的な付き合いを前提に取引をしています。

商品一覧