くじ引きで引いた少数民族はエチオピアにいた。
書き出し

サンプル注文、ご質問などお気軽にお問い合わせください!

2017年1月頃

当時、隠岐の島でカニ漁船に乗っていた僕は 世界中のどこかの少数民族に会いたいと思い、 世界中の少数民族を紙に書き出してくじ引きにしました。
そこでひいたのがエチオピアの少数民族。
エチオピアの事など何も知らない。
でもとりあえず行ってみよう。
Galitebeはそこから始まりました。

蟹船

Galitebeとは

バンナ語で成人の儀式に成功した者。
バンナ族の村に初めて行ったときに付けられた僕の名前。
成人の儀式をしたわけでもないが通称名Galitebe-ガルテンビ-として僕はいつもバンナ族を訪れる。

エチオピアで農業している様子

時計も文字も無い世界

をあなたは見たことがありますか? 村の人々は夜明けとともに農作業や家事を始め、日暮れとともに一日が終わる。 そんな彼らの日常にはお金や物はほとんど無く、家族と一緒に住んで自分で食べるものは自分で育てる生活スタイルです。 気になった僕は何とかエチオピアでテントを調達し、バンナ族の村にテントを張ってその生活に密着しました。 一緒に時間を過ごしていく中でそのシンプルな毎日がとても魅力的かつ刺激的で、僕は心の底からバンナ族の暮らしが好きになりました。

バンナ族とご飯

バンナ族

が好きになったのをきっかけに僕はエチオピアをもっと知りたいと思いました。
そしてエチオピアを知っていくうちにエチオピアという国が大好きになりました。
そんな魅力的なエチオピアの文化やモノを世界に広めたい!僕はそう思うようになりました。

バンナ族の少年たち

エチオピア

の文化や生活をどのようにして広めていくのか。
僕は外国に行くと基本24時間現地の友達と一緒にいます。
そうしてエチオピアでエチオピア人の友達と一緒に生活していると、コーヒーが彼らの生活の中にありました。
コーヒー生産国の多くは自国でコーヒーをあまり飲みません。
あくまでコーヒーは”商品”なのです。

エチオピアで焙煎したコーヒー

しかし

エチオピアは生産したコーヒーの約半分を自国で消費するほどの『コーヒー大好き国家”』。
朝昼のご飯の後に、必ずコーヒーを飲みながら友とゆっくりするのです。
エチオピア国民にとってコーヒーは大切なコミュニケーションツールであり、生活に欠かせないもの。

エチオピアのカフェ

”コーヒーを飲む時間”

それこそエチオピアが誇る最高の文化だと感じたのです。
僕はこの文化をエチオピアのコーヒーを通して世界に広めたいと考えました。
そこから次のエチオピア渡航までにコーヒーのことについて知識を付けなければと思い、コーヒーに関しての知識を出来る限り蓄えました。

コーヒーセレモニー

2度目のエチオピア

現地で情報収集をし、どこの地区の豆がいいかと頭を悩ませている最中、カッファ出身の人との出会いがありました。
決して彼はコーヒー関係の仕事をしている訳でも無いのですが、カッファに対しての情熱や想いを毎日会うたびに熱弁され、ついに僕はカッファに足を運びました。

カッファへの道

精製所

をいくつか周って思ったことがありました。
"クオリティや価格で決めるのではなく、オーナーさんの人柄で決めよう"と。
どれだけクオリティが高くて価格が良くてもオーナーさんの人柄や職場の雰囲気が良くないと継続して取引は出来ないだろうと感じたのです。

カッファの精製所

今までになかった

クオリティを実現し、貿易することにより お互いが納得する適正価格で継続的に取引を。
それとともに仕事に対しての充実感や、やりがいを感じてもらいたい。
頑張って生産しているのに今まで輸出する機会が無かった方がエチオピアには沢山います。
そんな方たちと共にGalitebeは直接取引していきたい!と思いながら調査している矢先、デンカラムと出会ったのでした。

生豆を選別する様子

デンカラム

はコーヒーを輸出したことがなく、輸出に関する知識もゼロでした。
見ず知らずの僕がいきなりエチオピアとやりたいことを持ちかけたのにも関わらず、理解してくれて即答で「一緒にやりたい!」と言ってくれました。
意気投合し、即決で僕はデンカラムとの取引を決意。
具体的にクオリティ向上のために何をオーダーしたのかはページ下部に記載しています。
ただし、エチオピアではオーダーしても素直に通ることは、ほぼありません。
そして2018年10月。エチオピアから初めてデンカラムの豆はエチオピア出て、日本にやってきました。。。

デンカラムとの記念写真

衝撃的

な豆の綺麗さ。そしてクリアで感動的な美味しさ。
デンカラムの頑張りが、豆を通してヒシヒシと伝わってきました。。
そして、その際に輸入した500㎏の生豆はすぐに完売。
翌年には1トンの生豆を輸入。
これまた前回よりも綺麗な豆面になった上に味も濃厚に。
それからデンカラムとの信頼関係は年々増しています。

デンカラムとの記念写真

2019年1月

デンカラムと取引を始めて約一年。
カッファ地方でGalitebeは少し噂になりました。
すると新たに3人のオーナーさんから 「私も取り扱って欲しい!」とお声がけを頂きました。
それぞれの精製所や森、農園を周り、沢山お話をしました。
そこで僕は新たにハブタムという方と取引をすることを決意しました。

ハブタム

なぜか

というと彼の人柄は勿論、職場の雰囲気がまるで、家族と一緒にいるようなくらいリラックスしていたのです。
そんな彼のウォッシングステーションを初めて訪れた時に取引を始めたい!と強く感じたのです。
ちなみに彼も自分のコーヒーを輸出したことがありませんでした。

ハブタムと従業員

1年かけて

Galitebeを十分に理解してもらい、 クオリティを極限まで上げることに成功。
予想を遥かに超えるコーヒー豆が出来ました。
ハブタムは優しさに溢れていますが、彼の作るコーヒーは力強いフレーバーを持っています。

コーヒーチェリー

クラウドファンディング

で先行販売をした結果、日本全国の沢山の方からご購入頂きました。
そしてもちろん、大好評。
その際にご協力していただいた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
お陰様で現在も彼らと継続して取引が出来ています。

2020年1月 Campfireにて実施
この時に輸入した、3トンのコーヒー生豆は僅か半年で売り切れました。

クラウドファンディング
お客さまの声

大阪府堺市 食堂カフェ コーヒー畑

コーヒー畑

Galitebe coffee の柴田悠平さんとは2019年7月にふらりと当店にお立ち寄りくださり、少し話をしたら只者ではないと直感しましたので、その場でコーヒー豆を注文してからのお付き合いです。当店でお出ししている、数あるシングルオリジンコーヒーメニューの中でもGalitebeのリピート率はダントツです。去年から不定期ですが、焙煎豆やドリップバッグの販売も行っていてお客様から高評価をいただいております。こらからもシングルオリジンではメイン銘柄で推していきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。

栃木県大田原市 ひつじ珈琲

ひつじ珈琲

ガルテンビとは最初のロットからのお付き合いで、ずっとひつじ珈琲の主戦力となっています。特徴は、浅煎りでは熟成したワインを思わせるフレーバー、深煎りではウィスキーやブランデーを思わせるような大人のフレーバーで、浅煎りから深煎りまでどこで焙煎しても力を発揮してくれる、ユーティリティプレイヤーのような豆です。さらに、それと同居する綺麗さが品質の良さを物語っています。どの焙煎のレンジでも楽しめるので昨今の多様化した価値観の中でもオススメできる豆だと思います。

東京都江東区 珈琲かたの

珈琲かたの

私は27年の焙煎歴があり、素材の持ち味を最大限に生かすことを心掛けております。Galitebeさんの生豆は良質な強い個性を持っており、深めに焼いても雑味が出ることはありません。モカコーヒーが苦手だと言うお客様を次々とファンにしてしまう不思議な素材です。

埼玉県入間市 豆春

豆春

ガルテンビさんのエチオピアを愛する気持ちが沢山詰まっている豆だと豆を見てすぐわかります。これは現地の農園さんとのコミュニケーションあってのこと! すごく頑張っているのが伝わってくるのです。

サンプル注文、ご質問などお気軽にお問い合わせください!

コーヒー生豆が出来るまで
計量

~計量~
農家さんたちが各々収穫したコーヒーチェリーをウォッシングステーションに持ち込みます。
ここで農家さんたちにコーヒーチェリー代が支払われます。
※ハブタムは自分の森から採れたコーヒーを使う為この作業はありません。  

選別

~選別~
赤い実だけを集めます。
→純度を高くし、クリアな味にする為
他の実や異物を取り除いていくのではなく、赤い実だけを集めていく作業になります。

果肉除去機

~果肉除去機(Washedのみ)~
コーヒーチェリーを水の流れに乗せ、外皮と果肉を取り除きます。
詰まり等を防ぐために常に人が付きます。

水洗

~水洗(Washedのみ)~
ミューシレージを取り除いた後、水に流し洗浄します。
発酵槽やこの経路を清潔に保たないと菌が繁殖し、入国検査で引っかかります。

発酵槽

~発酵(Washedのみ)~
発酵槽に入れ、酵素の力でミューシレージを取り除きます。
発酵時間はおよそ72時間です。  

乾燥

~乾燥~
アフリカンベッドで乾燥します。(画像はNatural)
→風味を増す為。また、従来のアスファルトでの乾燥ではアスファルト臭が付いてしまう為
天候にもよりますが晴れの日が続くと7~10日で乾燥します。  

脱穀

~脱穀~
コーヒーチェリーの殻を脱穀していきます。
ここでコーヒー”生豆”の状態になります。 

選別

~選別~
脱穀されたコーヒー生豆の中に混在している、異物や欠点豆を取り除いていきます。
通常2回されるこの作業を3回行います。 
→クオリティ向上と現地の雇用促進の為

搬送用トラック

~搬送~
カッファから首都アディスアベバへ搬送します。
Galitebeのコーヒー豆のみをトラックに積み込みます。  
→他のコーヒー生豆との混同を避ける為

梱包

~梱包・輸出~
エチオピアでは麻袋の使いまわしが通常ですが、新品の麻袋を使います。
→強度、清潔さを保つ為
麻袋の中にポリ袋(グレインプロ等)で生豆を梱包し耐湿性を向上させます。
エチオピア政府に輸出許可を取り、ジプチ港から船便で日本に来ます。

収穫

~収穫~
毎年10月頃
コーヒーの森や農園で一つ一つ丁寧に手摘みでコーヒーチェリーを手摘みしていきます。
森で採られたコーヒーチェリーのみを取り扱います。
→毎年の味の変化を極力防ぎ、味の安定を保つ為

商品画像

~輸入・販売~
日本政府からの輸入許可を受けます。
大阪府に位置するGalitebeの倉庫にて小分けし、日本各地に発送されます。

デンカラム

Denkalem -デンカラム-

日本時間で2018年から2019年へと年を超える時、エチオピアで初の商談が成立しました。
 「最高クオリティのコーヒーを日本へ輸入したい!」とエチオピア、カッファの精製所を周っていた時のこと。
元々G2以下しかなかったカッファでG1を実現したいという、こちらの無茶な提案を彼は海外に輸出をしたことすら無いのに 快く受け入れてくれて今までになかったG1以上のクオリティを実現してくれました。 (エチオピアのGradeは異物・欠点豆の混入率で決まります。)

 産地情報
地域 Wushwush, Kaffa, Ethiopia
収穫 300~400世帯の小規模農家
標高 1750~2300m
年間降水量 約1,800mm
気温 14~25℃ 繁忙期の雇用者数 約150人
常時雇用者数 7人
品種 原種
年間収穫量 Natural 70,000 kg / Washed 70,000 kg / Total 140,000 kg

ハブタム

Habtamu -ハブタム-

コーヒーの森を持つハブタムはコーヒーの実の収穫から精製までの工程を全て自社で管理しています。
2020年、Galitebeの活動を聞きつけて「取り扱って欲しい!」と自ら声をかけてきてくれました。
職場は和気あいあいとしており、まるで家族のような雰囲気で従業員の方たちと共にコーヒー豆の生産に取り組んでいます。
当初は欠点豆の基準で食い違いなどもありましたが、改善し、今ではとても良質で綺麗な生豆を生産してくれています。

産地情報
地域 Wushwush, Kaffa, Ethiopia
収穫 自分の森
標高 1900~2200m
年間降水量 約1,800mm
気温 14~25℃
繁忙期の雇用者数 約200人
常時雇用者数 5人
品種 74,110 & 74,112
年間収穫量 Natural 36,000 kg / Washed 90,000 kg / Total 126,000 kg

サンプル注文、ご質問などお気軽にお問い合わせください!

柴田悠平

代表紹介
名前:柴田悠平
生年月日:1995年8月8日
出身:大阪府堺市
経歴:19歳の時に公務員試験にの最終面接に落ち、1人で東南アジアに旅に出る。カンボジアで日本語のボランティアをし、『継続的に与える側』になることを決意。
帰国後、父が末期癌になり父の会社(町工場)を継ぐが他界。会社をたたむ。
そのタイミングでラオスで出会った友人から誘いがあり、隠岐の島の"蟹漁船"に乗る。島が好きになり、移住促進をするために、友人とゲストハウスKUSUBURU HOUSEを設立。
そのさなか、世界中の少数民族をくじ引きにして、エチオピアに行く。新たに株式会社Galitebeを設立。
KUSUBURU HOUSEは友人に託し、大阪に帰る。
日本全国でトークショーやイベントに出店。その中の、あるイベントで出会ったGREEN WOOD COFFEEのオーナーと意気投合し、合同会社Galitenwoodを設立。Galitebeの豆を使ったクラフトコーヒービールを作り、大阪の谷町六丁目に『泊まれるクラフトコーヒービール屋 Rally's』を開業。
2021年10月現在、コーヒー生豆の卸・小売り販売の株式会社Galitebeと、クラフトコーヒービールの卸・小売り販売、そのアンテナショップ(飲食店)の合同会社Galitenwoodを経営。