コーヒーを飲みながらエチオピアの世界へ

エチオピアは世界で5番目のコーヒー生産国

そして、生産したコーヒーの約半分を自国で消費するコーヒー大好き国家。

コーヒーは生活に欠かせないもので人と人を繋ぐ大切な存在。

ガルテンビのコーヒー豆は生産者さんの人柄や職場の雰囲気で選ぶ。

そこから一緒にクオリティを上げて、お互いが納得する価格で直接取引をしている。

今日はエチオピアのコーヒー生産地に思いを馳せながらコーヒーを飲もう。

まずは収穫。

コーヒーの木は大体2~3メートル。

地域にもよるが、収穫期は10~11月。

成熟した実だけを一つ一つ丁寧に採っていく。

ナチュラル製法はとてもシンプル。

採ったコーヒーチェリーから真っ赤なものだけを選別して、アフリカンベッドと呼ばれる棚に広げて天日干しする。

この時に果実の風味がギュッと凝縮される。

ウォッシュド製法は綺麗な水と設備がいる。

外皮を取り除き、水に流して選別。
そして、72時間ほど水槽に入れて発酵させる。
この時にウォッシュド特有の『深み』が生まれる。

設備や水によって味は変わり、そのあとにアフリカンベッドに広げて乾かす。

ナチュラル製法の豆は乾燥するときに甘い香りが充満して、幸せな気分になる。

カップで飲むときには、この香りが口に含んだ瞬間に爆発する。

ウォッシュド製法の豆はすっきりとした印象だが、カップに入るときには
その『すっきり』と『深み』が融合して絶妙なハーモニーを奏でる。

乾燥が終わると、この大きな機械で脱穀していく。

そのあとに、またもや異物を取り除く。
ガルテンビのコーヒー豆は雇用促進とクオリティ向上のために通常2回行われる作業を3回にしている。

そうすることによってピュアでクリアな味になり、日本で異物除去をする手間が省けて、現地では雇用機会が増える。

作る側も飲む側も、みんなが良い思いをするのがガルテンビのコーヒー豆。

綺麗に選別されたコーヒーは麻袋に入って日本にやってくる。

ガルテンビのコーヒーを生産する仲間たち

デンカラム

Denkalem

2017年12月

取引が始まるまでコーヒー豆をデンカラムは自分の名前で輸出したことがなかったし、ガルテンビも輸入したことがなかった。

それでもこちらの熱意を伝えると、即答で「一緒にやろう!」と言ってくれた。

それからお互いに勉強しあって共に成長している関係。

ハブタム

Habtamu

デンカラムと貿易を始めて1年が経つくらいの時。
「ガルテンビと自分も直接取引がしたい」と自ら名乗り出てきてくれたハブタム。

彼の職場の雰囲気は和気あいあいとしていて家族のように仲が良い。

それが決め手で取引を開始することに。

継続して飲むことで生産地は安定する

100gあたり630円

エチオピアでの工程

まだ輸出したことがなかった、エチオピアの生産者と二人三脚で品質を向上。
その具体的な内容をご紹介。

詳しくみる

なぜエチオピア?

世界中どこかの少数民族に会いたかった僕は、世界の少数民族を紙に書き出して、くじ引きにしました。
そこでひいたのがエチオピアの少数民族。
実際に足を運んでみると、エチオピアが大好きになり、コーヒー豆を輸入することを決意。
まだ輸出したことがなかった生産者と一緒に、今までになかったクオリティを実現しました。

詳しくみる

「ガルテンビ」の意味

成人の儀式に成功することで、新たな名前がもらえて
バンナ族の女性と結婚することが許されます。
その名前の1つがガルテンビ。
具体的にどのような儀式なのかを見てみましょう。

詳しくみる

生豆はこちらから

お客様の声

  • 本当に“冷めても美味しい”コーヒー

    数年前からNatural を購入しているガルテンビのファンです!
    コーヒーに詳しいわけではないけれど、生産者さん・販売者さんの想いに共感して買い始めました。初めて豆を挽いた日は、経験したことがない馥郁たる香りにうっとりしました。一口飲むと、深い甘みの中に鮮やかな色彩を感じたことに驚きました。

    そして何より、冷めても美味しかったんです!

    淹れて時間が経ったコーヒーには、独特の酸味と後味が残る場合が多く、以前はミルクを足して温め直していました。Naturalに出会ってからは、冷めた後により強く感じられる甘みやコクを楽しむようになりました。
    正直、大手のコーヒーチェーンさんと比べるとお値段は若干高めです。しかし、正真正銘のフェアトレードであり、ハイクオリティの豆であることを考慮すると、むしろ採算が取れているのか不安になるほどのお手頃価格です、、、!

    コーヒーに詳しい方もこだわりのない方も、ぜひ一度試してみてください!これからも応援しています!

  • それぞれの良さがある

    生豆を購入するのはハードルが高く、以前からドリップバッグでガルテンビのコーヒーを楽しみながら、焙煎豆の販売を心待ちにしていました。
    今は、2種セットとして、NaturalとWashedを、毎月200gずつで購入しています。
    自分のドリップの技術は高くありませんが、一丁前に飲み比べをしてみると、味わいの違いは歴然。

    Naturalはアツアツの状態だとしっかりした苦味とローストの香りを強く感じますが、温度が下がってくると苦味がまろやかになってフレッシュな感じが出てくる印象。
    Washedはアツアツの状態から爽やかな飲み口で、苦味が後から追いかけてくる感じ。温度が下がってくるとフルーツみたいな香りがより前面に出てくる印象です。

    どちらもすごく美味しいです。

    しっかりしたコーヒーが飲みたい気分の時や、アイスコーヒーもしくはラテを楽しみたい時はNatural、すっきりしたコーヒーが飲みたい気分の時や、アツアツのホットコーヒーならWashed、というように、気分で選べるのも嬉しい。
    「自分が飲むコーヒーを選択できる」というのは贅沢だなあと思います。

    いつもありがとうございます、これからも楽しみにしています。

  • エチオピアの豆なのにとてもスッキリした味

    数年まえからこちらの豆を購入させてもらっています。

    いまはデンカラム氏の Washed をサブスク中。

    Washedの豆だから当たり前といわれるかもしれませんが、しかしエチオピアの豆の特徴である少しばかり強い酸味がまず口に広がる、のではなく、深み、コクが広がり、最後に酸味が感じられる味わいです。

    総合するととてもスッキリとした味わいが楽しめる豆です。デンカラム氏のNatural も飲んでいましたが、Natural の特徴に加えて、最後に酸味を感じるというのは Washed と同じです。ただし、豆を少々粗目に挽いて飲んでます。こちらの焙煎方法がすばらしいのはもちろんですが、作り手と産地の環境の良さが豆に表れているように思えてなりません。

こちらもおすすめ

FAQ

無農薬ですか?

無農薬です。エチオピアはコーヒー発祥の地です。何もしなくても、その辺にコーヒーの木が生えています。
ただし、日本の農林水産省の規定で「無農薬」という表記は禁止されています。
また、「有機」や「オーガニック」と表記するには農林水産省の認可が必要で有料です。
現段階では、その分の料金を生産地に還元したり、日本での販売価格を抑える方が良いと考えております。
規定について詳しくはコチラをご覧ください。

生産者の違いは?

デンカラム:小規模農家から集めた、野性味のある味わい
ハブタム:2つの森から採れた、洗練された味わい
カッファ地方にある隣どうしの生産者なので、味の方向性は似ています。
生産者による細かな味の違いを楽しんでいただければ幸いです。

保管方法は?

パッキンのついた密封瓶で常温保管してください。
参考商品:https://amzn.asia/d/2ymbs31

おすすめの抽出方法は?

ペーパードリップの場合

・180mlのコーヒーに対して13gのコーヒー豆を用意
・ザラメより少し細かいくらいの大きさに挽く
・白のペーパーフィルターに折込を入れてドリッパーにフィットさせる
・フィルターに入れたコーヒー粉を揺らして平にする
・煮沸したお湯をドリップケトルに入れる
 →適温は88~90度。一度移すことによってこれくらいの温度になる。冬場はドリップケトルが冷えていたりするので要注意
・タイマーを開始し、コーヒー粉にまんべんなくお湯を注ぐ
 ※淵にはかけないように気を付ける
・30秒蒸らす(タイマー表示:00:30)
・最初の30mlは意識してゆっくり時間をかける
 →30ml抽出した時に1:00になるように注ぐ(タイマー表示:01:00)
・180㎖抽出時に2:00になるように注ぐ(タイマー表示:02:00)
・既定の量(180ml)になったらフィルターを移す
 →最後の一滴まで落とすと渋みがでるので落とさない
・温めておいたカップに写したらできあがり
・2杯の場合は26gで360ml抽出、抽出時間は3:00

※味の濃さは豆の分量や湯量で調整してください。

Contact form